みかん食べながら

Handmade PC Life(ㆁᴗㆁ✿)

MENU

自作PC 初めての本格水冷ガイド④ PVCチューブループの作業手順

スポンサーリンク

これから自作PCの本格水冷に挑戦してみたい人向けの入門ノウハウ「自作PC 初めての本格水冷ガイド」シリーズ、第4弾になります!
前回までで「仕組みとパーツの役割」「導入前の確認ポイント」「パーツ選びのポイント」と作成前に必要なノウハウをご紹介しました。
今回はPVCチューブでループを構築する際の作業手順や注意点などをご紹介しようと思います。

PC-watercooling-guide4

必要なもの

水冷パーツ以外に必要なものです。

チューブカッター or ハサミ

PVCチューブ専用のカッターもありますが、ハサミや包丁などでも代用可能です。

チューブカッター

洗浄瓶

クーラントを注水するときにこぼさず入れれるのであると便利です。

洗浄瓶

ペリフェラル4ピン AC電源

ドライブ用 AC電源で検索すると出てきますが、4ピン時代のHDDは絶滅したので、この手のサプライ用品も販売終了しているものが多いです。
(SATA用はUSBで供給するタイプがほとんど)
2019年3月時点ではe-zoaかe-zoa楽天SHOPで「UDACDC100NS」が1500円弱で購入できます。

ドライブ用AC電源

ドライバー(主にプラス #2)

各装置をケース内にネジ固定するのに使います。

メジャー

経路の長さを測定するのにあると便利です。

ティシュー、ペーパータオル、布タオル

クーラントをこぼしたり、漏れたときに素早く拭き取れるよう用意しておきましょう。

やる気

初めての場合は半日以上かかると思うのでしっかりと時間を確保しましょう。

 

①パーツの洗浄

新品パーツでも加工時のカスや油分などが付着していることがあるため、フィッティングとチューブは中性洗剤(食器洗い用など)や40℃程度の温水で洗うのが効果的です。
水枕、ラジエータ、ポンプはチューブをフィッティングで連結して直接蛇口にチューブを付けて、温水を流し込んで洗います。
通常の蛇口は内径(ID)1/2″のチューブが入るので、洗浄用に1/2″x3/4″チューブとIN、OUT連結用に1/2″x3/4″コンプレッションフィッティングを2つ購入しておくと良いです。
ID1/2″が入るような蛇口がない場合、以下手順④~⑦を行って、水枕、ラジエータ、ポンプをチューブとフィッティングで一時的なバラックループを作り、ペリフェラル4ピン AC電源で温水を10分ほど循環 x2セット程度行ってください。
お風呂場付近でバラックループを作ると排水が楽です。
ペリフェラル4ピン AC電源やポンプの電源ケーブルを濡らしてショートさせないよう注意してください。
手間や簡易ループ用に別途コストがかかるので、省略する人もいますが、綺麗な状態を長く保ちたいのであれば洗浄するのがオススメです。
不純物が多いと電蝕の進行が早まり、溶けた銅イオンと汚れが反応して青水現象(青くゲル化)が発生したりすることもあります。こうなるとさらに電蝕の進行が早くなり悪循環に入ります。汚れてからでは手遅れ(特に酸化による錆びは普通に洗浄しても落ちない)なことが多いので、いかに綺麗な状態をキープし続けられるかが水冷パーツの寿命に繋がります。

②水枕、リザーバ、ポンプ、ラジエータを設置

各装置を設置します。
経路の順番はあらかじめ考えてあると思いますが、第1弾の記事で理想的なループ順を紹介しているので、もしまだ経路に悩んでいるのであれば参考にしてみて下さい。

自作PC 初めての本格水冷ガイド① 仕組みとパーツの役割 - 理想的なループのパーツ順

 

③チューブの必要な長さを測定

PC-watercooling-length

装置間の距離をメジャー等で測定します。

 

④PVCチューブをカット

測定した長さに合わせてチューブをカットします。
切断面が斜めにならないよう注意しましょう。

チューブ切断面

 

⑤フィッティングとチューブで各装置を連結

コンプレッションフィッティングをチューブに連結します。

コンプレッションチューブ連結

コンプレッションフィッティングのG1/4オスネジ側を各装置のG1/4メスネジへ連結します。
PVCチューブは柔らかいのである程度自由な曲げが可能ですが、経路潰れが起きる過度な曲げはNGです。(最悪クーラントが流れなくなる場合もあります)

チューブ曲げ

小さなコーナーR(半径)で曲げが必要な場合、アングルフィッティングを組み合わせましょう。

アングルフィッティング

 

メンテナンスでクーラントを排水し易くなるので、ドレン用のボールバルブやフィルポートを追加するのがオススメ。

ボールバルブ

フィッティングについての詳細はコチラ

自作PC 初めての本格水冷ガイド③ パーツ選びのポイント - フィッティング

 

⑥フィッティングのゆるみがないか最終チェック

PVCチューブ本格水冷

ひととおり連結が終わったら、各フィッティングにゆるみがないか最終チェックを忘れずに行いましょう。

 

⑦クーラントの注水と循環

クーラントを注水する前に、リーク対策としてペーパータオルや布タオルでPCパーツを覆っておきます。

リーク対策

リーク対策時の写真を残してなかったので別で作成したときのものですが…

ペリフェラル4ピン AC電源をポンプの電源ケーブルにつなぎ、以下1~4をクーラントが循環するまで繰り返します。
1.リザーバにクーラントを注水する
2.AC電源をONにしてポンプを回しクーラントを流す
3.リザーバが空になったらOFFにしてポンプを止める
4.クーラントのリークがないか確認する

フタを開けたままポンプを回すと吹きこぼれることもあるので注意。
クーラント注水 

 

クーラントが循環し出したらポンプを回しっぱなしにして、リークがないかしばらく観察します。
装置とG1/4ネジ連結部分が特にリークし易いため注意してください。

クーラントリーク

リークがあった場合はすぐにポンプを止めて、ペーパータオルなどで拭き取り、フィッティングを締め直してください。

 

⑧エア抜き

経路内にエア(空気)が残っているとポンプがエアを噛んで流速が低下したり、水枕やラジエータにエアがたまっているとそこをクーラントが通れません。
いずれも冷却力がごくわずかに低下するくらいでさほど影響ありませんが、問題は内圧です。
空気は温まると膨張するため、内圧が上がってリークしたり、樹脂系パーツにひびが入ったりします。
そこで、クーラントが循環したからといってすぐにPC電源を入れず、半日ほどリークテストを兼ねて循環させたまま放置しておくと、エアも次第にリザーバへ移動して抜けます。(リザーバの天井口を少し開けておくと良い)
どうしても急いでエア抜きしたい場合はPCケースを傾けたり揺らしたりすることで隅のエアを移動させ抜けやすくすることができます。
あまり強く揺らすとチューブがフィッティングから抜けたりする危険もあるので注意してください。

 

⑨完成

半日ほどリークテストとエア抜きを終えたら完成です。
ポンプの電源ケーブルをPCの電源ユニットへ繋ぎ替えるの忘れずに。

PVCチューブ本格水冷

 

 

いかがでしたでしょうか。
PVCチューブでの本格水冷は必要な工具が少なく、柔軟性から経路の組み立てもし易いので、初めての本格水冷や、冷却力とメンテナンス性を両立したい人にオススメとなります。
この記事がこれから本格水冷を始める方の少しでも役に立ったら幸いです。
次回は本格水冷で必要なメンテナンスをご紹介しようと思います!

 

シリーズ記事

・自作PC 初めての本格水冷ガイド① 仕組みとパーツの役割

・自作PC 初めての本格水冷ガイド② 導入前の確認ポイント

・自作PC 初めての本格水冷ガイド③ パーツ選びのポイント

・自作PC 初めての本格水冷ガイド④ PVCチューブループの作業手順

・自作PC 初めての本格水冷ガイド⑤ 必要なメンテナンス

・自作PC 本格水冷ガイド Extra ハードチューブループの作業手順

・自作PC 本格水冷ガイド ExtraⅡ なぜ冷えない!?

・自作PC 本格水冷ガイド ExtraⅢ ラジエータファン Push? or Pull?